Yuki's

幼少期を米国ボストンで過ごし、メンデルスゾーン協奏曲でデビュー。

16歳でカーティス音楽院(Philadelphia)オーディションに合格し、 フルスカラーシップを得て入学、名匠J. Laredoにつく。 後マンハッタン音楽院、Yale University 大学院にて研鑽。 New Yorkストリング アンサンブルのメンバーとしてCarnegie Hallのクリスマス・ニューイヤーコンサートで活躍する他 欧米各国でコンサートに出演し、その奏法の確かさと美しい音色で定評を受ける。 日本では学生コンクールに優勝し、15歳で桐朋学園大学ソリストディプロマコースに在籍する。 G.ボッセ指揮新日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団等と度々共演する。 2001年より活動を再会。紀尾井ホールのリサイタル、サントリーホールや軽井沢のコンサートは恒例になり始めている。 安田財団ファンデーション、ロームミュージックファンデーション受賞、文化庁芸術家在外研修員に選出される。 サントリー音楽財団よりVuillaume(1832年製)を貸与される。